募金のご案内

  • 新校舎建築募金

  • ネバー・ダイ募金

京華学園創立125周年記念事業
新校舎建築募金

京華学園は3校ワンキャンパスへ

学校法人京華学園は、令和四年(2022年)11月に創立百二十五周年を迎えます。創立者磯江潤先生は、「天下の英才を得て之を教育す」という孟子の言葉に感銘を受け、生徒1人ひとりの持つ資質をいかんなく開花させることこそ、教育に携わる人間の無上の喜びであるととらえ、この言葉を建学の精神に掲げました。
明治30年(1897年)に京華尋常中学校が開校されたのに続き、明治34年(1901年)には京華商業学校、明治42年(1909年)には京華高等女学校が設立され、3校それぞれが男子教育、実業教育、女子教育を担う学校として、その伝統と個性を継承し、今日に至っております。

本学園が、明治以来の三校体制を堅持しながら、百十余年にわたって長き歴史を築き上げてこられたのも、学園関係者をはじめ、各界で活躍されている卒業生、保護者の皆様のご尽力とご支援によるものと、心より感謝申し上げます。

この度の新校舎建築計画は、本学園の将来像を象徴する「3校ワンキャンパス構想」の実現に向けての事業であり、今後さらに進展する社会のIT化・グローバル化に向けて、ICT教育やアクティブラーニング型授業等の教育の多様化にも対応できる新学園キャンパスの創成を目指しております。
おかげをもちまして、2021年の7月より、第1期工事となる「新体育棟」が着工され、並行して既存校舎の一部改修工事も開始されました。「新体育棟」の竣工は、創立125周年(2022年)の六月を予定しております。その後、来夏には第2期工事として、「新校舎」が着工され、令和6年(2024年)の四月には女子校、法人、事務局が移転し、創立記念事業として5年の歳月をかけた「新校舎建築計画」は幕を閉じることになります。

なお、昭和初期の学校建築として歴史的な価値を有する現在の女子校の校舎はそのまま残し、新たな京華学園の魅力を発信する場として有効に活用する計画を進めております。

京華学園は、新しい発展と教育への夢を希求する「3校ワンキャンパス構想」の実現によって、永遠に羽ばたく学園として、さらなる飛躍を遂げていく所存です。

「京華学園創立125周年記念事業新校舎建築募金」につきましては、平成30年(2018年)より、新校舎建築費用の一部を皆様のご協力に仰いでまいりました。引き続き、趣意をご理解いただき、今後とも格段のご厚情を賜りますよう、お願い申し上げます。

募金要項

募金の名称

京華学園創立125周年記念事業 新校舎建築募金
= 三校同一キャンパス構想 =

募金の目的

三校をワンキャンパスに集約して教育環境を整備し、京華学園の未来構想に基づく、
新校舎建築費の一部を募ることを目的とします

募金目標額

3億円を目標額とします

募金の対象

在校生保護者 卒業生 卒業生の保護者
法人等 役員 評議員 教職員等

募金の金額

個  人:一口 10,000円
団  体:一口 10,000円
法  人:一口 50,000円
取引企業:一口 50,000円
※一口以上をお願いしておりますが、上記の金額に関わりなく、ありがたくお受けいたします。

募金の期間

平成30年10月吉日~ 期限は定めません

募金の払込金融機関

専用の振込用紙をご利用いただき、郵便局にてお振込ください
※手数料は不要です

寄付金に対する
税制上の取り扱い

この寄付金は、税の優遇措置を受けることができます。

【個人の場合】

  • 所得税および所得の寄付金による控除

    確定申告により、所得税の寄付金控除を受けることができます。控除にはA.「税額控除」とB.「所得控除」の2種類があり、控除は個人の所得、税率、寄付金額などの条件によって異なりますが、確定申告の際にいずれかの控除を選択していただき、次の算式により算出された額が「寄付金控除」として、所得税から控除されます。

    A. 税額控除

    (寄付金額※1 - 2,000円) × 40% = 控除額※2

    B. 所得控除

    (寄付金額※3 - 2,000円) × 所得税率※4 = 控除額

    • 控除対象となる寄付金額は、その年の総所得金額等の40%が上限となります。
    • 所得税控除額は、その年の所得税額の25%が上限となります。
    • 控除対象となる寄付金額は、その年の総所得金額等の40%が上限となります。
    • 所得税率は年間の所得金額によって異なります。
  • 寄付金控除の手続き

    確定申告の手続きには、本学園が発行する「寄付金受領書」「特定公益増進法人証明書(写)」、および「税額控除に係る証明書(写)」(税額控除の場合)が必要となります。寄付金入金確認後、送付させていただきますので、大切に保管してください。
    ※確定申告についてのご相談は、所轄税務署へお問い合わせください。

【法人の場合】

法人からのご寄付につきましては、法人税法に基づき、当該事業年度の寄付金全額を損金に算入することができる「受配者指定寄付金」(※)と一定の限度額までが損金に算入できる「特定公益増進法人に対する寄付金」の2種類があります。

※受配者指定寄付金は、日本私立学校振興・共済事業団(以下「事業団」という)を通じて寄付者が指定した学校法人に寄付していただく制度で寄付金全額を当該事業年度の損金に算入することができます。受配者指定寄付金による免税手続きには上記事業団発行の「寄付金受領書」が必要となります。詳しくは学園事務局までお問い合わせください。

寄付者の顕彰

寄付を賜りました方のご芳名を「募金だより」等に顕彰させていただきます。なお、匿名を希望される場合は、ご意向に従い、お取り扱いさせていただきます。

※ご寄付により取得した個人情報につきましては、本学園が行う寄付金募集業務に限り使用し、その他の目的で使用することはありません。

お問い合わせ先

学校法人京華学園
京華学園創立125周年記念事業 新校舎建築募金 事務局
TEL:03-3941-0056 FAX:03-3941-0740

京華学園校舎建築略史

明治

  • 30年(1897)

    9月

    本郷区龍岡町36番地に京華尋常中学校開校 創立者 磯江 潤 先生

  • 33年(1900)

    5月

    本郷区東竹町25番地に京華中学校校舎竣工

  • 43年(1910)

    3月

    小石川区原町14番地に京華高等女学校校舎竣工

大正

  • 12年(1923)

    9月

    関東大震災で東竹町校舎焼失

  • 14年(1925)

    12月

    小石川区原町34番地(現在地)に京華中学校および京華商業学校校舎第1期工事竣工

昭和

  • 4年(1929)

    3月

    京華中学校および京華商業学校校舎第2期工事竣工

  • 6年(1931)

    12月

    京華高等女学校校舎本館火災焼失

  • 8年(1933)

    1月

    京華高等女学校新校舎竣工

  • 35年(1960)

    6月

    京華女子高等学校新館竣工

  • 40年(1965)

    11月

    長野県小海町八那池に京華学園八ヶ岳校舎竣工

  • 46年(1971)

    3月

    総合体育館(現1号館)竣工

  • 56年(1981)

    9月

    京華中学校校舎および学園特別教室(現2号館)竣工

  • 58年(1983)

    7月

    埼玉県浦和市(現さいたま市)に京華学園浦和運動場竣工

  • 9月

    京華女子中学・高等学校校舎増改築工事竣工

  • 62年(1987)

    9月

    京華中学校および京華商業高等学校校舎増改築工事(現3号館)竣工

平成

  • 元年(1989)

    10月

    京華学園八ヶ岳校舎新館竣工

  • 7年(1995)

    7月

    京華中学・高等学校4号館第1期工事竣工

  • 9年(1997)

    8月

    京華中学・高等学校4号館第2期工事竣工

  • 11年(1999)

    8月

    京華学園校庭全天候(人工芝)工事および総合体育館改修工事竣工

  • 16年(2004)

    8月

    京華女子中学・高等学校校舎耐震工事竣工

  • 23年(2011)

    7月

    京華学園法人棟竣工

  • 24年(2012)

    8月

    京華学園事務局改修工事竣工

  • 25年(2013)

    11月

    京華学園第二校庭竣工

  • 29年(2017)

    10月

    京華学園創立120周年記念改修および拡充整備工事(5ヵ年計画)竣工

明治30年9月開校の京華尋常中学校校舎
明治43年3月竣工の京華高等女学校本館
新校舎(女子中・高、法人・事務局)断面図

京華学園教育助成
「京華学園ネバー・ダイ募金」

学校法人京華学園は、明治30年(1897年) に磯江潤先生により創設されました。創立者は、建学の精神として「天下の英才を得て之を教育す」という孟子の言葉を掲げ、生徒一人ひとりの資質をいかんなく開花させ、世の中に有用をなす人材を育成することを理想とし、その実現に生涯を捧げました。

同年に開校した京華尋常中学校に続き、明治34年(1901年)には京華商業学校、明治42年(1909年)には京華高等女学校が設立されました。以来、鼎立する三校それぞれが、男子教育、実業教育、女子教育という独自の特色を活かした教育活動を推進してまいりました。

学校教育に向けられた創立者の高い志は永きにわたり継承され、令和4年(2022年)11月に創立125周年を迎えます。本学園の新しい発展と教育への夢を希求する「三校ワンキャンパス構想」の実現に向けて、新たな歩みを始め、さらなる飛躍を遂げていく所存です。

本募金事業は、創立者の志を受け継ぎ、京華学園の永続的な発展を希求するものです。校訓ネバー・ダイの精神に基づき、自らの目標や夢の実現に向かい、諦めることなく努力を続ける京華生と、次世代の教育環境への対応に向けて教育力の向上を目指す教職員の活動を助成することを目的としています。
本学園に思いを寄せてくださる皆様より力強いご支援を賜り、永遠に羽ばたく京華学園として、今後とも着実な歩みを進めてゆく所存です。

何卒、この「京華学園ネバー・ダイ募金」の趣意をご理解いただき、今後ともご厚情を賜りますよう、心よりお願い申し上げます。

募金要項

募金の名称

京華学園教育助成 「京華学園ネバー・ダイ募金」

募金の目的

京華学園の永続的発展を願い、各校の生徒活動及びクラブ活動等の支援、教職員研修等の助成を目的とします

募金目標額

目標額は定めません

募金の対象

在校生保護者 卒業生 卒業生の保護者
法人等 役員 評議員 教職員等

募金の金額

金額は特に定めません

募金の期間

平成22年10月1日より永続的に行います

募金の払込金融機関

専用の振込用紙をご利用いただき、郵便局にてお振込ください
※手数料は不要です

寄付金に対する
税制上の取り扱い

この寄付金は、税の優遇措置を受けることができます。

【個人の場合】

  • 所得税および所得の寄付金による控除

    確定申告により、所得税の寄付金控除を受けることができます。控除にはA.「税額控除」とB.「所得控除」の2種類があり、控除は個人の所得、税率、寄付金額などの条件によって異なりますが、確定申告の際にいずれかの控除を選択していただき、次の算式により算出された額が「寄付金控除」として、所得税から控除されます。

    A. 税額控除

    (寄付金額※1 - 2,000円) × 40% = 控除額※2

    B. 所得控除

    (寄付金額※3 - 2,000円) × 所得税率※4 = 控除額

    • 控除対象となる寄付金額は、その年の総所得金額等の40%が上限となります。
    • 所得税控除額は、その年の所得税額の25%が上限となります。
    • 控除対象となる寄付金額は、その年の総所得金額等の40%が上限となります。
    • 所得税率は年間の所得金額によって異なります。
  • 寄付金控除の手続き

    確定申告の手続きには、本学園が発行する「寄付金受領書」「特定公益増進法人証明書(写)」、および「税額控除に係る証明書(写)」(税額控除の場合)が必要となります。寄付金入金確認後、送付させていただきますので、大切に保管してください。
    ※確定申告についてのご相談は、所轄税務署へお問い合わせください。

【法人の場合】

法人からのご寄付につきましては、法人税法に基づき、当該事業年度の寄付金全額を損金に算入することができる「受配者指定寄付金」(※)と一定の限度額までが損金に算入できる「特定公益増進法人に対する寄付金」の2種類があります。

※受配者指定寄付金は、日本私立学校振興・共済事業団(以下「事業団」という)を通じて寄付者が指定した学校法人に寄付していただく制度で寄付金全額を当該事業年度の損金に算入することができます。受配者指定寄付金による免税手続きには上記事業団発行の「寄付金受領書」が必要となります。詳しくは学園事務局までお問い合わせください。

寄付者の顕彰

寄付を賜りました方のご芳名を「募金だより」等に顕彰させていただきます。なお、匿名を希望される場合は、ご意向に従い、お取り扱いさせていただきます。

※ご寄付により取得した個人情報につきましては、本学園が行う寄付金募集業務に限り使用し、その他の目的で使用することはありません。

お問い合わせ先

学校法人京華学園
京華学園ネバー・ダイ募金 事務局
TEL:03-3941-0056 FAX:03-3941-0740

京華学園校舎建築略史

4号館保健室壁撤去工事(男子中・高、商業高)
紙折機交換(男子中・高、女子中・高)
4号館エアコン交換工事(男子中・高)
2号館高架水槽交換工事(男子中・高、商業高)
女子校消火ポンプ交換工事(女子中・高)
4号館Wi-Fi設備工事(男子中・高)
講堂・第1体育館Wi-Fi設備工事
(商業高、女子中・高)
2号館雨水湧水槽ポンプ交換工事
(男子中・高、商業高)
3号館雨水湧水槽ポンプ交換工事(商業高)
4号館雨水湧水槽ポンプ交換工事(男子中・高)

お電話でのお問合せ

03-3941-0056

WEBサイトから

資料請求・お問合せ