HOT NEWS 詳細

掲載日:2017.03.29

「渡邉隆二名誉学園長 お別れの会」が挙行されました

平成28年12月23日(金)に97歳でご逝去された京華学園前理事長、渡邉隆二名誉学園長を偲び、平成29年2月22日(水)「お別れの会」が京華学園百周年記念講堂にて執り行われました。
祭壇には、渡邉先生が生前丹精を込めて育てることがお好きだった菊の花が、祭壇を埋め尽くすように飾られていました。

 

 

会場には渡邉先生が受賞された勲二等瑞寶章の賞状、日本棋院六段の免状、ご専門の河川関係の出版物などが展示されました。
また、学園やご家族との思い出のお写真やご自宅で大切に育てられた多数の立派な菊の写真も飾られ、参列された方々は在りし日の先生の姿を想いうかべておられました。

 

お別れの会は、最初に参列者全員の黙祷により渡邉先生のご冥福をお祈りした後、京華学園より羽鳥百合子理事長、原剛理事が代表としてお別れの言葉を述べました。
その後、弔電が披露され渡邉先生のお人柄が偲ばれる言葉が続いた後、ご遺族を代表してご長男の渡邉隆夫様よりお礼の言葉を賜りました。

 

最後に、参列者全員による白菊の献花が行われました。多くの方に慕われた渡邉先生のお人柄を表すように参列者の長い列ができていました。
当日は教職員のみならず、評議員、華友会、同窓会、PTA、PTAOBなどの学園関係者、地域の方々、また教育界からも幅広くご参列いただき、約300名が渡邉先生との別れを惜しみました。

 

 

お忙しい中、ご参列いただきました皆様には、心より感謝申し上げます。
ありがとうございました。