京華商業高等学校

校長メッセージ

新たな一歩をふみだそう

本校は、1901年 創立者磯江潤先生の「国富を増進させるためには、人を作らねばならぬ。人を作るためには実際に役に立つ教育を施す学校を作らねばならぬ。」のもと、実業教育のパイオニアとして創立されました。110年を超える歴史と伝統ある商業高校として社会に貢献できる人材を育成し、多数輩出してまいりました。

創立以来、変わらぬ本校の商業教育は、社会の変化や産業界の要請を視野に入れた職業に関連する基礎的な能力の錬成は勿論のこと、自ら学び、社会の変化に対応できる能力の育成に努め、知識と技能をさらに発展、向上させてゆく意欲や姿勢を養うことに主眼をおき、生徒一人ひとりのもつ才能・素質を尊重し、その特性を大切に育てるオンリーワン教育が特徴です。

個々の能力を存分に発揮し、いかなる時代にも対応できる知識と実力を兼ね備えた人間形成を目指し進んでまいります。

写真:京華商業高等学校 校長 萩庭悟

京華商業高等学校 校長 萩庭 悟

学校紹介

真の実学教育を求めて

京華商業高等学校の歴史は明治32年の「実学学校令」に応えて、明治34年に京華商業高等学校を設立するところから始まります。実務知識の養成とさまざまな分野の人材育成をめざし、現在では都内で最も歴史のある商業高校の一つです。
また、首都圏で唯一の私立共学商業高校として、新たな時代に対応する実学(実務)教育を主眼としています。1年次では、基礎学習を徹底し、2年次より「大学進学」「情報処理」「ビジネス」のコース指導体制のもとに実力の養成をめざします。また大手予備校や専門学校との提携により、大学実績や就職、各種上級資格取得に充分対応できるようにしています。

写真