京華中学・高等学校

校長メッセージ

自信とあきらめない心

自信とは自分を信じることであり自分を信じられることです。自分を信じられるようになるためには、学問でも、スポーツでも、芸術でも、ジャンルは問いませんから、自分が打ち込める何かを見つけることです。夢中になって取り組めれば、どんなに辛いことも乗り越えられるし、苦しさも忘れていきます。こうした経験が自信になります。この経験はあきらめない精神を築いていきます。これが校訓の「ネバーダイ」です。

自信を持てば前向きに物事に取り組めるはずです。勉強でもスポーツでも友人と共に切磋琢磨していきますが、それと同時に自分との戦いでもあるはずです。自分に負けない強い精神を京華で培って下さい。そしてそれは一人で培うものではなく、学校生活の中で先生や友人、先輩・後輩と一緒に育んでいくものです。

また、そうして育んで行くものとして、京華生の合い言葉である「ヤングジェントルマン」があります。何時いかなる時も紳士であってほしいという創立者の思いが皆の合い言葉となったのです。本校の制服は米国の伝統ある「イェール大学」のキャンパスモデルを発祥とする「Jpress」のスクールモデルです。本校の120年の伝統と相まってのこの精神を顕現しています。

写真:京華中学・高等学校 校長 町田 英幸

京華中学・高等学校 校長 町田 英幸

学校紹介

時代のターニングポイントを押さえる

揺れ動く世界情勢や変革する大学入試に対応すべく、24年よりスタートさせた教育体制に新たな風を吹き込み、より一層一人ひとりの夢や希望の実現に力を注ぐ三つの教育
1.将来の夢や希望に向けて自己啓発を促し、その実現を可能にする幅広い進路教育。
2.コミュニケーション能力を獲得することで、多様化するグローバル社会に前向きに対応できる人材育成。
3.自己表現力、協働性、思考性を身につけ、アイデンティティーを確立する豊かな全人教育。
この3つの柱により、生徒達は様々な分野で飛躍的な伸びを見せ、その力を十二分に利用して夢や希望を実現させていきます。京華中高は男子教育の新たな魅力を生みだしながら、さらなる高みに向けて進化し続けていきます。

写真