ごあいさつ

創立者 磯江 潤
創立者 磯江 潤

京華学園120年への感謝
学校法人京華学園(京華中学・高等学校、京華商業高等学校、京華女子中学・高等学校)は、平成29年11月1日に創立120周年を迎えました。

明治30年、創立者磯江潤先生は、「天下の英才を得て之を教育す」という孟子の言葉を建学の精神として掲げ、京華尋常中学校を創立しました。英才とは、固き材木の材、今は若木であっても、将来、社会をしっかりと支える棟梁の材となるべき生徒たちである。ひとたび京華生となれば、一人ひとりが皆英才であり、それを丁寧に育てることこそが教育の喜びである。これが磯江先生の信念でした。

明治34年には、京華商業学校、明治42年には京華高等女学校が設立され、京華三校は、創立者の精神を受け継ぎ、中等教育に専心して今日まで歩んでまいりました。明治、大正、昭和、平成の時代を通して、学園の歩みは、決して平坦な道だけではありませんでしたが、幾多の困難を乗り越え、5万8千人に及ぶ卒業生を世に輩出してまいりました。これもひとえに京華が誇る三校PTA、三校同窓会、三校PTAOB会他、多数の方々の力強いご支援とご協力の賜物と、心より感謝申し上げます。

学園創立120周年に向けて、私どもは、感謝の念とさらなる飛翔への決意をもって、様々な記念事業を進めております。この特設サイトを通して、より多くの皆さまに「京華学園120年」を知っていただければ幸いです。

羽鳥百合子
学校法人 京華学園
理事長 羽鳥百合子