京華商業高等学校 京華学園創立120周年実科競技大会が行われました

11月29日(水)、京華商業の伝統行事である『実科競技大会』が
京華学園4号館第一体育館にて行われました。

 

今年は学園創立120周年にあたり、例年とは異なる趣で実施されました。
この行事は、日頃の学習成果や学んできた商業科目の内容を、
クラス別や個人別で競い合うものです。

 

種目は、クラス対抗戦として、
12の支店の清算表をそれぞれ作成し当期純利益を算出し、
最終的に本店で集計する「アカウンティング競技」、
物事を多面的にとらえ真実を導き出す「ロジック競技」、
計算の速度と正確さを競う「カリキュレート競技」、
さらに1年生のみ「1年生クラス対抗競技」が行われました。
また、個人競技としては、「総合競技」と
2・3年の希望者による「スピード入力競技」が行われ、
皆真剣に取り組んでいました。

 

優勝者には学園より「栄誉賞」が授与されました。